のんけぶろぐ

ポケモンのあれこれ書いていきます

ケツデカピングー汎用画像百撰(迫真)

皆さんお久しぶりです

らんのすけです

前回のクソみたいな記事が何故か閲覧数が8千近い意味不明な数字になっていて泡吹いて倒れています(大袈裟)

 

そこそこの人に読んで頂けているという事なので今回くらいは有益(当社比)な記事を書こうかなと思いました(適当)

この記事が皆様の明日からの生活の糧となれば幸いです(有難迷惑)

本記事の最後には大切なことも書いている(大嘘)のでここはひとつ、覚えて帰っていってください(河合塾)

それではどうぞ

 

 

 

 

 

※百撰とか言いながら百無かったりあったりします(数えていない)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20201009145706j:plain 

 

 

 

 

 【ケツデカピングーとは】

漂白剤兄貴によって投稿されている「ピングー」のケツデカ課長MADである

毎週日曜の19:19に投稿されている

内容はスイスのクレイアニメ「ピングー」に中熟年デブホモの音声をぶち込んでいるというもので、そのシーンに合った巧みな語録使いで人気を博している

ケツデカピングーのおかげで中熟年デブホモが流行る可能性が微レ存・・・?

ねぇ、パパ流行っちゃうよ?ねぇ、ねぇ

                 -ニコニコ大百科(仮)より引用-

 

上記説明の通りスイス発祥の子供向けクレイアニメ(純朴)を何をトチ狂ったのか、よりにもよってゲイポルノ(絶望)をアテレコするという鬼畜の所業(畏怖)により誕生したアニメ(意味不明)である

こんな(放送禁止用語が)いっぱい……(国際問題が)こわい………(視聴)やめてください……………

放送内容は以下のとおりである

 

第1話 ケツデカ課長の淫夢 (字幕無し)

第2話 ピンガ生誕

第3話 ケツデカピングーと学校

第4話 ケツデカとアコーディオン

第5話 ケツデカのつららで音楽

第6話 ケツデカのガールフレンド

第7話 ケツデカピングーとトイレ

第8話 ケツデカのポップコーンづくり

第9話 おやじいさんと食事

第10話 ケツデカピングーのバースデー

 

更に、そもそもが「ピングー」の二次創作である「ケツデカピングー」であるが、そのケツデカピングーの更なる二次創作(三次創作的なナニか)(意味は不明)が派生として世に出回り(困惑)筆者でも全容は把握しかねている(諦め)

 

視る抗鬱剤(迫真)とも呼ばれるケツデカピングーであるが、このような絶望的な汚さと謎の中毒性により世の中には一定数の根強いファンも存在し、SNS上ではこの動画の字幕入り切り抜き画像が用いられることもしばしばである(当社調べ)

今回はそんなケツデカピングーの、SNS上で使用できる汎用性の高い画像を筆者独自の調査(適当)と収集(脱糞)によりピックアップしたので以下にTierを設けて一枚ずつ使用用途(絶望)などを絡めて紹介していこうと思う

ここで素材回収しておけば口下手な諸君らもコミュニケーション能力爆上がり間違いなしである(通販並感)

 

 

 

 

 

 

 

【汎用Tier1 (どこでも使える) 】

 

f:id:lannosuke:20201009145827j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド 

1:58時点での切り抜き

ケツデカが友人に挨拶しているワンシーン

ケツデカピングーの切り抜きの中で最も有名な画像の一つである

余談であるが有名すぎて筆者個人としては飽きてしまっている(無慈悲)

使用用途:挨拶がわりに

 

f:id:lannosuke:20201009150455j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

2:20時点での切り抜き

ピンゴンふとまら君が文吾先生にパワハラされて池に突っ込まされてるシーン

こちらもケツピンの有名な画像の1枚である

例によって有名すぎて見飽きた(悲報)

使用用途:返しが面倒くさくなった時に

 

f:id:lannosuke:20201009151057j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド 

5:54時点での切り抜き

ケツデカが乳首モロピンギ課長に殺意を芽生えさせたシーン

こちらもケツピンの有名な画像の一つである

有名だが常日頃から殺意を感じる(シリアルキラー)筆者はそこそこコレを使っている(経験談)

使用用途:殺意を感じた時に

 

f:id:lannosuke:20201009151650j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

2:13時点での切り抜き

小柄ピンクの受け中年が文吾先生に画力がクソだと罵られた直後のワンシーン

ケツデカピングーの切り抜きの中で最も有名な画像の一つである

有名すぎて筆者個人としては以下略

使用用途:狂いそうな時に

 

f:id:lannosuke:20201009151735j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド 

5:33時点での切り抜き

ケツデカが乳首モロピンギ課長に跡をつけられているシーン

ケツデカピングーの切り抜きの中で最も有名な画像の一つである

有名だが汎用性が高いので筆者はよく使っている

使用用途:横暴な相手に

 

f:id:lannosuke:20201009152559j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

4:02時点での切り抜き

ケツデカが短髪モロ感ピンガ野郎とお菓子の棒(直球)を取り合うワンシーン

対飯テロに計り知れない効力を発揮する

筆者個人的には最も使用頻度が高い画像である

使用用途:対飯テロ兵器

 

f:id:lannosuke:20201009153339j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

0:35時点での切り抜き

ロビママがケツデカの学校に遊びに来たシーン

(舐めプ)が好き

使用用途:遊びに来た時(舐めプ気味)

 

f:id:lannosuke:20201009153904j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド

2:21時点での切り抜き

ピンゴンふとまら君がケツデカの態度にキレてるシーン

めっちゃ使う(語彙力)

使用用途:態度が大きい相手に

 

f:id:lannosuke:20201009154441j:plain

第8話 ケツデカのポップコーンづくり

2:54時点での切り抜き

ケツデカがポップコーンを爆発(意味不明)させた直後のシーン

筆者も割と使っている 

使用用途:責任逃れの一手

 

f:id:lannosuke:20201009154847j:plain

第9話 おやじいさんと食事

1:11時点での切り抜き

ケツデカがダディーに食器で遊んでいる所を注意されたシーン

注意されただけでこの仕打ちには草を禁じ得ない 

使用用途:頭のネジが取れた相手に

 

f:id:lannosuke:20201009155233j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

0:37時点での切り抜き

ケツデカが学校に遊びに来たロビママに苦言を呈するシーン

使用用途:勉強しなきゃダメな相手に

 

f:id:lannosuke:20201009155431j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド

2:02時点での切り抜き

ケツデカの挨拶(おまんこ^~)に対する反応

現実にこんな挨拶する人見たら普通にやばい(当然)

使用用途:ヤバい人に

 

f:id:lannosuke:20201009155850j:plain

第9話 おやじいさんと食事

4:50時点での切り抜き

77歳の肛門モロ感のおやじいさんのキモ発言に短髪モロ感ピンガ野郎がドン引いてるシーン

使用用途:なんか気持ち悪い物を見た時、食欲が失せた時

 

f:id:lannosuke:20201009160242j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

2:29時点での切り抜き

ロビママが貧困に耐えて買ったプレゼントをケツデカに貶されたシーン

個人的に使い勝手が良いので多用している

使用用途:心が傷ついたとき

 

f:id:lannosuke:20201009161114j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

5:36時点での切り抜き

ケツデカがヤマザキホーセーの顔写真の問題について聞かれるワンシーン

 使用用途:わかるとき

 

f:id:lannosuke:20201009161411j:plain

第9話 おやじいさんと食事

4:14時点での切り抜き

ダディーが喋る魚(意味不明)を取り分けるワンシーン

使い勝手は良い

使用用途:小馬鹿にするとき

 

f:id:lannosuke:20201009161606j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

3:33時点での切り抜き

耐えてたら気持ちよくなってしまったロビママに対するピンゴンふとまら君の反応(当然)

 使用用途:変態すぎて怖い相手に

 

f:id:lannosuke:20201009161814j:plain

第9話 おやじいさんと食事

5:15時点での切り抜き

ケツデカが嫌いな野菜をおやじいさんに押し付けているシーン

いじめられる事が多い筆者はこれをよく使っている(悲愴)

 使用用途:助けて欲しい時に

 

f:id:lannosuke:20201009162010j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

1:25時点での切り抜き

ロビママがケツデカにプレゼントを持ってくるシーン

あまりに理不尽

使用用途:やめてほしいとき

 

f:id:lannosuke:20201009162217j:plain

第9話 おやじいさんと食事

3:02時点での切り抜き

おやじいさんの大事にしまっとくよ(奇行)に対するケツデカの反応

(辛辣)がすき

 使用用途:キレ気味なとき

 

f:id:lannosuke:20201009162423j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

1:30時点での切り抜き

穴の中に飛び込む事を渋る小柄ピンクの受け中年に文吾先生がキレるシーン

 使用用途:行けよホラ

 

f:id:lannosuke:20201009162833j:plain

第9話 おやじいさんと食事

5:16時点での切り抜き

おやじいさんがケツデカ達から野菜を押し付けられたその量に絶望するシーン

使用用途:何かに後悔してるとき

 

f:id:lannosuke:20201009163035j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

5:33時点での切り抜き

目隠しゲームをするケツデカの挙動に対してロビママが暴言を放つシーン

直球なので結構使う(筆者談)

 使用用途:キモイなって思った時

 

f:id:lannosuke:20201009163603j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

4:15時点での切り抜き

おやじいさんがケツデカの絶望的の下手くそな演奏を聞いて苦言を呈すシーン

使用用途:生まれて初めてなとき

 

f:id:lannosuke:20201009163932j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

1:32時点での切り抜き

文吾先生にパワハラされて小柄ピンクの受け中年が観念するシーン

汎用性が高いので筆者はよく使っている

 使用用途:観念したとき

 

f:id:lannosuke:20201009164122j:plain

第2話 ピンガ誕生

3:15時点での切り抜き

誕生するピンガを見にケツデカが向かった所拒絶されるシーン

辛辣すぎてすき

使用用途:変なのに絡まれたとき

 

f:id:lannosuke:20201009164510j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

3:11時点での切り抜き

発狂するケツデカを見た周囲の反応

使用用途:意味不明なものを見たとき

 

f:id:lannosuke:20201009164719j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド

1:57時点での切り抜き

ポンギ太郎が仲間に入れてもらうために懇願するシーン

使用用途:何かを頼むとき

 

f:id:lannosuke:20201009165242j:plain

第9話 おやじいさんと食事

5:21時点での切り抜き

おやじいさんがケツデカ達から押し付けられた野菜に発狂するシーン

なんでも使える

使用用途:発狂したとき

 

f:id:lannosuke:20201009165211j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

1:49時点での切り抜き

池の中に何かあると大興奮する小柄ピンクの受け中年に対してキレる文吾先生の放ったセリフ

辛辣すぎてこれもすき

使用用途:うるさいヤツに

 

f:id:lannosuke:20201009201530j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

3:40時点での切り抜き

シーンの切り替わりに合わせて間奏を入れるおやじいさんに苦情を入れるシーン

かわいそう(小並感)

使用用途:鬱陶しい相手に

 

f:id:lannosuke:20201009201911j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

2:12時点での切り抜き

ケツデカがアコーディオンで遊ぶも余りの下手さに両親から家を追い出された直後のピンガ野郎のワンシーン

こわい

使用用途:泣ける事案が発生したとき

 

f:id:lannosuke:20201009214454j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

1:40時点での切り抜き

文吾先生のパワハラにより池に突っ込む小柄ピンクの受け中年に対するピンゴンふとまら君の反応

使い勝手が良い

使用用途:褒めるとき

 

f:id:lannosuke:20201009214747j:plain

第FF話 ケツデカの手回しオルガン

1:43時点での切り抜き

オルガンを演奏する手を入れる専門家に投げ銭をしようとするがお金が無くなってしまったケツデカのシーン

使用用途:無理しなくて良いとき

 

f:id:lannosuke:20201009214932j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

4:58時点での切り抜き

上達するケツデカの腕前に感心するおやじいさんのシーン

使用用途:おかしくなっちゃうとき

 

f:id:lannosuke:20201009215152j:plain

第9話 おやじいさんと食事

3:28時点での切り抜き

ケツデカたちを甘やかすおやじいさんにダディーがキレるシーン

使用用途:キレたとき

 

f:id:lannosuke:20201009215349j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

3:28時点での切り抜き

耐えてたら気持ちよくなってしまったロビママに対する文吾先生の反応

使用用途:変態を見つけたとき

 

f:id:lannosuke:20201009215603j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

2:42時点での切り抜き

ロビママからのクソしょーもない(辛辣)プレゼントに対してもっと良い物をひけらかすケツデカに対する周囲の反応

何かにつけてマウントを取りがちなオタクに対して結構使える

使用用途:何かを自慢された時

 

f:id:lannosuke:20201009215848j:plain

第7話 ケツデカピングーとトイレ

6:56時点での切り抜き

ケツデカの身長に合わせてダディーとしママだ部長がトイレを新調(激ウマギャグ)したシーン

 使用用途:押し売りするとき

 

f:id:lannosuke:20201009220217j:plain

第5話 ケツデカのつららで音楽

2:35時点での切り抜き

ロビママが隠れていたピンゴンふとまら君を発見したシーン

どこでも使えるので筆者は多用している

使用用途:困惑したとき

 

f:id:lannosuke:20201009220717j:plain

第2話 ピンガ誕生

1:59時点での切り抜き

ピンガ野郎が誕生するときにダディーとしママだ部長が暴れるシーン

使用用途:否定するとき

 

f:id:lannosuke:20201009220953j:plain

第8話 ケツデカとポップコーンづくり

4:02時点での切り抜き

ビッグマミィに「しゃぶって欲しいの?」と聞かれた時のケツデカの反応

使用用途:困惑気味に肯定するとき

 

f:id:lannosuke:20201009221341j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

5:38時点での切り抜き

文吾先生からケツデカが当てられた時の友人の反応

使用用途:嘲笑するとき

 

f:id:lannosuke:20201009221525j:plain

第9話 おやじいさんと食事

8:11時点での切り抜き

押し付けられた野菜が原因で一度黄泉の国へ逝ったおやじいさんが、戻ってくるも再びケツデカ達から嫌いな野菜を押し付けられるシーン

使用用途:涙が出るとき

 

f:id:lannosuke:20201009221806j:plain

第7話 ケツデカピングーとトイレ

4:37時点での切り抜き

トイレに行こうとしたらダディーに先を越されたシーン

使用用途:呆れたとき

 

f:id:lannosuke:20201009221959j:plain

第8話 ケツデカとポップコーンづくり

2:43時点での切り抜き

ポップコーンマシンに大量にコーンを突っ込んで爆発(意味不明)させるシーン

使用用途:キモい人に

 

f:id:lannosuke:20201009222215j:plain

第9話 おやじいさんと食事

4:19時点での切り抜き

ピンガ野郎がダディーに野菜を盛られるのを拒否するシーン

筆者は好んで使っている

使用用途:拒絶するとき

 

f:id:lannosuke:20201009222434j:plain

第7話 ケツデカピングーとトイレ

4:48時点での切り抜き

もよおした(尿意)ケツデカがトイレに行くもダディーに先を越され、ピンガ野郎が跨る幼児用のトイレで事を済ませようとしているシーン

ピンガ野郎は何故煽るのか(困惑)

使用用途:煽るとき

 

f:id:lannosuke:20201009222735j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド

3:41時点での切り抜き

転校生のナオンの席を巡って隣を急いで空ける小柄ピンクの受け中年のワンシーン

使用用途:たまらないとき(狂気)

 

f:id:lannosuke:20201009223047j:plain

第8話 ケツデカのポップコーンづくり

1:33時点での切り抜き

両親を見送った後ポップコーン作りを画策するシーン

使用用途:同意するとき

 

f:id:lannosuke:20201009223420j:plain

第FF話 ケツデカの手回しオルガン

5:33時点での切り抜き

手を入れる専門家に向けてケツデカが一句を披露(意味不明)したが全く伝わらなかったシーン

使用用途:意味わからないリプライへの返し

 

f:id:lannosuke:20201009223653j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

2:21時点での切り抜き

ロビママから受け取ったプレゼントに文句をつけるケツデカのシーン

これもかなり使う

使用用途:センスのズレた相手に

 

 

f:id:lannosuke:20201009223950j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

3:29時点での切り抜き

絶望的な腕前のケツデカがアコーディオンを演奏しようとしたところ周囲の住民に逃げられてしまうシーン

 使用用途:理不尽な目に遭ったとき

 

f:id:lannosuke:20201009225915j:plain

第7話 ケツデカピングーとトイレ

5:57時点での切り抜き

便器から小便を外す奇行に高さが合っていないという主張を聞きしママだ部長が納得するシーン

使用用途:納得したとき

 

f:id:lannosuke:20201009230235j:plain

第8話 ケツデカのポップコーンづくり

1:43時点での切り抜き

ロウソクは経験があります(意味不明)というピンガ野郎の主張に心底興味が無いケツデカの反応

使用用途:興味が無いとき

 

f:id:lannosuke:20201009230509j:plain

第9話 おやじいさんと食事

3:15時点での切り抜き

おやじいさんが手品で花を消したシーン

使用用途:やばいとき

 

f:id:lannosuke:20201009230731j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

5:16時点での切り抜き

ピンゴンふとまら君が文吾先生に当てられたシーン

使用用途:こわいとき

 

 

f:id:lannosuke:20201009231659j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

2:29時点での切り抜き

井戸端ペンギン(口マン爺)の暴露話にドン引いてるシーン

使用用途:変態を見つけたとき

 

f:id:lannosuke:20201009231628j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

2:17時点での切り抜き

小柄ピンクの受け中年の次に文吾先生にピンゴンふとまら君が穴に飛び込むようパワハラされるシーン

使用用途:内心怖いと思ったとき

 

f:id:lannosuke:20201009232243j:plain

第NK話 ケツデカの手回しオルガン

6:00時点での切り抜き

犬夜叉と間違われたケツデカのシーン(意味は不明)

非常に汎用性高い一枚

使用用途:否定するとき

 

 

 

 

 

 

【汎用Tier2 (割と使える) 】

 

f:id:lannosuke:20201009232440j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

1:05時点での切り抜き

授業開始時の文吾先生の行き当たりばったりな様子

使用用途:どうしようか悩んでるとき

 

f:id:lannosuke:20201009232611j:plain

第8話 ケツデカのポップコーンづくり

5:16時点での切り抜き

作りすぎたポップコーンの在庫処分をしようとしたらビッグマミィに断わられたシーン

使用用途:頑張りが足らない相手に

 

f:id:lannosuke:20201009232834j:plain

第5話 ケツデカのつららで音楽

1:38時点での切り抜き

ケツデカがかくれんぼ(缶蹴り的なルール)でピンゴンふとまら君に負けて煽られるシーン

使用用途:相手の実力を煽るとき

 

f:id:lannosuke:20201009233130j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

3:08時点での切り抜き

井戸端ペンギン(口マン爺)の暴露話を聴き終わった周囲の反応

使用用途:いい歳して恥ずかしい事をしている人に(筆者)

 

f:id:lannosuke:20201009233340j:plain

第7話 ケツデカピングーとトイレ

1:29時点での切り抜き

ジュースを買いに来たケツデカにバーテンダー横井が指導するシーン

 使用用途:横柄に物を頼んでくる相手に

 

f:id:lannosuke:20201009233752j:plain

第2話 ピンガ誕生

2:34時点での切り抜き

ピンガ誕生の際に性別を確認したところおまんこだったシーン

使用用途:落胆したとき

 

f:id:lannosuke:20201009233312j:plain

第7話 ケツデカピングーとトイレ

1:00時点での切り抜き

ハイハイするピンガ野郎を溺愛するケツデカのシーン

使用用途:可愛いものを見たとき

 

f:id:lannosuke:20201009233958j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

1:29時点での切り抜き

小柄ピンクの受け中年が文吾先生に穴に飛び込むようにパワハラされるシーン

使用用途:時間が欲しいとき

 

f:id:lannosuke:20201009234205j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

5:45時点での切り抜き

絶望的な腕前のケツデカがおやじいさんの所での修行を終え、家族の前で演奏の腕を披露するシーン

使用用途:気合を入れるとき

 

f:id:lannosuke:20201009234406j:plain

第9話 おやじいさんと食事

6:24時点での切り抜き

ダディーが作ったケーキをみんなで食べているシーン

実は全員気がついていないがこのシーンで既におやじいさんが死んでいる

使用用途:食レポ

 

f:id:lannosuke:20201009234607j:plain

第5話 ケツデカのつららで音楽

4:18時点での切り抜き

氷柱の叩きすぎで折れて降ってきた氷柱がロビママの脳天に刺さり、ピンゴンふとまら君が謝るシーン

使用用途:謝るとき

 

f:id:lannosuke:20201009234903j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

1:42時点での切り抜き

文吾先生のパワハラにより飛び込んだ小柄ピンクの受け中年が帰還するシーン

勢いがあってすき

使用用途:帰ってきたとき

 

f:id:lannosuke:20201009235226j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド

1:55時点での切り抜き

仲間に入ろうとしたポンギ太郎を拒絶するシーン

使用用途:仲間に加えたくないとき

 

f:id:lannosuke:20201009235458j:plain

第9話 おやじいさんと食事

4:15時点での切り抜き

卓上の魚が喋るシーン(意味不明)

使用用途:よろしくお願いするとき

 

f:id:lannosuke:20201009235649j:plain

第8話 ケツデカのポップコーンづくり

1:46時点での切り抜き

ポップコーンを作るためにピンガ野郎がトウモロコシを持ってくるシーン

使用用途:行くとき(迫真)

 

f:id:lannosuke:20201009235823j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

4:59時点での切り抜き

文吾先生から質問されたかおりさんの写真について名前を思い出す小柄ピンクの受け中年のシーン

使用用途:何かを思い出したとき

 

f:id:lannosuke:20201010000026j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

6:43時点での切り抜き

ダディーが井戸端ペンギン(口マン爺)らと話をしているシーン

使用用途:感動したとき

 

f:id:lannosuke:20201010000241j:plain

第7話 ケツデカピングーとトイレ

5:00時点での切り抜き

ダディーに先を越されトイレに入れなかったケツデカが客を装いチャイムを鳴らす事でダディーを無理やりトイレから引っ張り出すシーン

使用用途:脅すとき

 

f:id:lannosuke:20201010000536j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

5:46時点での切り抜き

目隠しゲームをするケツデカがキモすぎて散々言われている様子

主役なのにかわいそう(悲哀)

使用用途:生きるのをやめて欲しい相手に

 

f:id:lannosuke:20201010000730j:plain

第5話 ケツデカのつららで音楽

1:50時点での切り抜き

頭だけ隠してしっぽが隠れていないロビママを嘲笑するケツデカのシーン

使用用途:嘲笑するとき

 

f:id:lannosuke:20201010000910j:plain

第7話 ケツデカのガールフレンド

2:47時点での切り抜き

散々バーを上げさせておいて飛び越えるのではなく下をくぐって興醒めさせたケツデカに対する周囲の感想

使用用途:心身共にキツくてキモい人に

 

f:id:lannosuke:20201010001159j:plain

第5話 ケツデカのつららで音楽

3:10時点での切り抜き

洞窟の氷柱を見たピンゴンふとまら君の感想

使用用途:なんか大きいとき

 

f:id:lannosuke:20201010001351j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

4:13時点での切り抜き

ケツデカの絶望的な演奏の腕に死にそうになってるおやじいさんのシーン

使用用途:マジで亡くなりそうなとき

 

f:id:lannosuke:20201010001543j:plain

第3話 ケツデカピングーと学校

5:36時点での切り抜き

文吾先生に当てられたケツデカが回答を渋るのに対して先生がキレるシーン

山崎方正の写真が個人的に得点高い

使用用途:ダメと言われたとき

 

f:id:lannosuke:20201010001734j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

3:36時点での切り抜き

ピンゴンふとまら君から受け取ったプレゼントに高評価を出すケツデカのシーン

使用用途:そこそこ評価するとき

 

f:id:lannosuke:20201010001932j:plain

第5話 ケツデカのつららで音楽

2:11時点での切り抜き

隠れるロビママの余りのキモさにケツデカがクナイをぶっ刺すシーン

使用用途:キモチィとき

 

f:id:lannosuke:20201010002205j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

1:52時点での切り抜き

アコーディオンの下手さを注意されたケツデカのキレている様子を観察するダディーとしママだ部長のシーン

使用用途:キレる相手に

 

 

 

 

 

 

【汎用Tier3 (どこで使うのコレ) 】

 

f:id:lannosuke:20201010002422j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

5:58時点での切り抜き

目隠しゲームをするケツデカのキモさに散々な暴言を吐きかけるシーン

廃人なのか雑魚なのかどっちか分からない(困惑)

使用用途:戦績あばれる君のヒトに

 

f:id:lannosuke:20201010002650j:plain

第6話 ケツデカのガールフレンド

3:40時点での切り抜き

転校生の席を巡って隣を急いで空ける小柄ピンクの受け中年のシーン

使用用途:TLでバブみを感じる画像を見つけたとき

 

f:id:lannosuke:20201010002917j:plain

第SG話 ケツデカピングーの危険ないたずら

3:51時点での切り抜き

的に憑依したおやじいさんが矢を外すケツデカのクソエイムを煽るシーン

使用用途:TwitterFPSのクリップを載せるオタクに

 

f:id:lannosuke:20201010003135j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

3:53時点での切り抜き

お菓子を取り合っているワンシーン

何が東京で何が強奪なのが意味不明である

使用用途:「え〜!東京ディズニーランドって千葉にあるんだ〜!」とかぬかすディズニー女子に

 

f:id:lannosuke:20201010123326j:plain

第2話 ピンガ誕生

3:17時点での切り抜き

来るなと言われているのに頑なに見に行こうとする(鋼の意思)ケツデカをガードするワンシーン

どのへんがシンボラー(マジックガード)なのか意味不明である

ちなみに筆者はミラクルスキンで使っていた(VGC2019)

使用用途:○○に強いポケモン募集とかいうツイートに

 

f:id:lannosuke:20201010003348j:plain

第10話 ケツデカピングーのバースデー

6:05時点での切り抜き

目隠しゲームをするケツデカがしママだ部長に触るシーン

使用用途:TLで見かけた可愛い女の子の二次絵の作者が男の娘好きだった時に

 

 

 

 

 

 

【おま〇け (勢いだけ好き) 】

 

f:id:lannosuke:20201010003731j:plain

第9話 おやじいさんと食事

8:19時点での切り抜き

大きいチンチンをギロチンチンするシーン

使用用途:ハサミギロチンを打つとき

 

f:id:lannosuke:20201010004117j:plain

第FF話 ケツデカの手回しオルガン

1:58時点での切り抜き

オルガンを演奏する手を入れる専門家に投げ銭をさせようと通行人を引き止めるが、生きチンポに突き飛ばされたシーン(意味不明)

使用用途:世紀の発見をしたとき

 

f:id:lannosuke:20201010004204j:plain

第DV話 ケツデカのボーリング

1:38時点での切り抜き

ボーリングのピン(直球)に憑依したおやじいさんの霊を払うシーン

使用用途:不明

 

f:id:lannosuke:20201010004405j:plain

第8話 ケツデカのポップコーンづくり

2:12時点での切り抜き

ピンガ野郎が残り少ないポップコーンをケツデカに取られまいと注意を逸らしている間に全部食べてしまうシーン

使用用途:珍獣を発見したとき

 

f:id:lannosuke:20201010004636j:plain

第EX話 ケツデカピングーの美術館見学

3:25時点での切り抜き

美術館脇のリング状のモニュメントを見たケツデカがおまんこを連想し興奮するシーン

性欲ゴリラ(至極真っ当)

使用用途:性欲ゴリラに

 

f:id:lannosuke:20201010004800j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

1:44時点での切り抜き

ケツデカのクッソ下手くそな演奏にノリノリなピンガ野郎のシーン

使用用途:膣キュンしたとき

 

f:id:lannosuke:20201010004953j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

4:17時点での切り抜き

おやじいさんがケツデカの絶望的な演奏にダメ出しするシーン

使用用途:ド素人へのダメ出しに

 

f:id:lannosuke:20201010005111j:plain

第9話 おやじいさんと食事

3:08時点での切り抜き

おやじいさんが手品をするシーン

使用用途:仏の力を使うとき(意味は不明)

 

f:id:lannosuke:20201010005301j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

2:08時点での切り抜き

余りのアコーディオンの下手さに家を追い出されたケツデカのため許しを乞うピンガ野郎のシーン

使用用途:泣いてる人に

 

f:id:lannosuke:20201010005507j:plain

第4話 ケツデカとアコーディオン

6:07時点での切り抜き

おやじいさんの下で修行し腕前を上げたケツデカの奏力に感動するシーン

使用用途:おっぱげたとき

 

 

 

 

 

 

 

 

【あとがたり】

いかがだっただろうか

筆者の独断と偏見により多くの汎用画像を紹介してきたが、ここで紹介したケツピンの画像はほんの一部に過ぎない

今回はここで筆をおかせていただくが、興味のある、またはこの記事を読んで興味を持ったという奇特な方がいればご自分でインターネットという名の大海原から独自にケツピン画像を採取してきてはどうだろう

きっとそこには新しい発見(意味は不明)が待っているはずである(締めの格言)

それでは皆さんまた次回の更新でお会いしましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい和三盆
陽キャ
・イケメン
・スタイルいい
・天才
・歌上手い
・スポーツできる
・やさしい
・清潔
・人気者
・友達沢山

for example
陰キャ
・ブス
・ハゲ
・デブ
・バカ
・アホ
・ゴミ
・カス
・マヌケ
・音痴
・運動音痴
・自己中
・不潔
・不人気
・チー牛

セクモンGO(Tinder)でセクモンを捕まえてみたお話(昔話)

どうも皆さんお久しぶり

らんのすけです

 

 突然だが諸君は昔、世間を騒がせたこのアカウントを覚えているだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200910000842j:plain

 

暇な女子大生(直球) 

 

数々のチンポ(エリートに限る)(グルメ)を食べつくし、その感想をキレッキレの文章力と共にTwitterに書き綴ってきた伝説のセクモンである 

そのツイートは毎回数千から数万ものRTを荒稼ぎし、ある種のカリスマ性まで備えつつあったこのモンスター(迫真)によって空前のブームが引き起こされ、とあるマッチングアプリが急激に普及した

それがTinder、通称セクモンGOである(大嘘)

今回の記事はその時期、流行に乗ってそんなアプリをインストールしたために散々な目に遭った筆者の備忘録である

何故今更書こうと思ったか、理由は特にない(Twitterの何かが切っ掛けで思い出しただけ) 

 

 

 

 

 

 

 

【セクモンGO(Tinder)とは】

 

セックスモンスター、縮めてセクモンは、この星の、不思議な不思議なイキ物

街に、サークルに、クラブに、合コンに、世界中の至る所で、その姿を見ることができる

セクモンGOは現在位置情報を利用し、自分の周囲に出現したセクモンを捕まえ(意味深)てイク、そんなゲームである(拡大解釈)

このゲームにもボール(比喩)が存在し、プレイヤーのステータス(直球)により与えられるボールが以下のように決められている

 

 

 

・経済力(非学生、エリート社会人)

一流企業勤務である社会人プレイヤーにはルアーボールが与えられる

これにより金に釣られて寄ってくるパパ活女子(激臭)が高確率で捕まえられるようになる

しかし所詮ルアーボールで捕まえられるのはコイキングキバニアなどと言った”餌(金)”にしか興味のないしょーもない(嘲笑)連中だけなので”セクモンとお話しながらお茶すること”を趣味としている奇特な方以外あまり得をしない(辛辣)

 

 

・学歴(非社会人、学生)

学生であるプレイヤーにはその学歴によって様々なボールが与えられる

日本を代表する国立旧帝国大学であるところの東京大学京都大学の学生であるプレイヤーにはハイパーボールが与えられる

ハイパーボールを以てすれば並大抵のセクモンであれば簡単に捕獲することができるだろう(王者の風格)

その他旧帝大、国立大、有名私立の学生であるプレイヤーにはネットボールやネストボール等、ある特定の条件下で捕獲率の上がるボールが与えられる

遭遇するセクモンの価値観によって目映りに善し悪しがバラけるためである

刺さる相手には刺さる、刺さらない相手には刺さらない

刺さる範囲の大きさにこそ大小はあれど東大京大のような圧倒的ブランドには及ばないためである(悲愴)

上記以外学生の身分をもつプレイヤーにはモンスターボールが与えられる

捕獲率は…そこそこ(精一杯のフォロー)である為、後述の強力なボールを得られればそちらを捕獲に使用していきたい(悲哀)

 

 

・顔面偏差値

顔面偏差値の高いプレイヤーにはクイックボールが与えられる

これにより遭遇してすぐ、セクモンを捕まえられる確率が大幅に高まる

しかしクイックボールしか持っていない顔だけマン(暴言)は下手にチャットを続けるとボロが出て逃げられてしまうため、早期決戦を心掛けた方がよいだろう(提案)

 

 

・会話テク

会話テクのある話し上手なプレイヤーにはタイマーボールが与えられる

このボールの効果により、チャットを続ければ続ける程、時間をかければかける程セクモンの捕獲率が上がる

会話に自信のある方はあせらずコツコツ会話を積み重ねてゲットチャンスを狙ってみてはどうだろうか(筆者の場合は絶望的)

 

 

・セッ!のテク

セッが上手(筆者は短小包茎童貞なので上手いも下手も分からない)である、もはや自分こそセクモン(迫真)であるという自負のあるプレイヤーにはリピートボールが与えられる

当然のことであるがセクモンにも性欲があるのでそれを満たしてくれる上手な人間が居れば何度も会ってくれるものである(意味は不明)

テクのあるプレイヤーはご自身の下半身にあるすごい釣り竿(意味深)一本で大量に捕獲してみてほしい(身も蓋も無し)

 

 

・オタク(絶望)

オタクには漏れなくウルトラボール(迫真)が与えられる

当然の事であるが捕獲率は絶望的である

しかしセクモンGOの世界にもウルトラビースト(オタ女)(地雷)が存在するのでそちらを捕獲してみてはいかがだろうか(無責任)

 

 

 ・女性

女性であるあなたは勝ち組

余程ユニーク(遠回)な顔面をしていない限りは最初から殿堂入りしててマスターボールが与えられている状態でゲームを始められる

もはやチーターである(憤怒)

マスターボールで好きなだけ捕まえると良い(ヤケクソ) 

 

 

 

以上がゲームシステムの概要である(情報操作)

筆者の場合はネットボール(貧弱)しか貰えなかったがこれより下記に筆者の経験談、中でもヤバかったものを書き連ねていこうと思う

 

 

 

 

 

 

 

ピカチュウ編】

 

何となくアプリを開いていたある日、筆者はとある女性とマッチングした

プロフィール画像は至って普通、年下の小動物系のかわいらしい女性であった

f:id:lannosuke:20200910002218p:plain

 ↑ 参考画像

これは捕まえるしかない(使命感)

筆者はネットボールを投げてみた

 

 

 

筆者「はじめましてー(陰キャ並感)」

ピカ「はじめまして!」

筆者「Likeありがとうございます!(社交辞令)」

ピカ「こちらこそ!」

~中略~

筆者「名駅付近にお洒落なカフェがあるんですよ(唐突)」

ピカ「詳しいですね!よくカフェとか行くんですか?」

筆者「行ったことありますよ(大嘘) 今度行きませんか(同調圧力)」

ピカ「いきましょう!」

 

 

 

なんか捕まったね(ビギナーズラック)

 

 

しかし当然筆者はデートでカフェなど慣れていない(チー牛並感)

入念な下調べ(適当)をして来たるXデイ(迫真)に備えた

 

 

そして迎える当日

 

 

 

 

 

 

筆者「(ドキドキ………)」

???「らんのすけさんですよね……?」

筆者「はイッ!(女慣れしていない者特有の声の裏返り)」

 

 

そこにいたのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200910003422j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

筆者「??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????(未知との遭遇)」

 

 

 

 

その後普通にカフェでお茶して他愛もない事を話していたらその日が終わっていた

加工アプリの恐ろしさについて勉強になった、そんな一日であった(賢者時間)

 

 

 

 

 

 

 

マリルリ編】

 

時系列的にはピカチュウ編の数日後

とある女性とマッチしていた

f:id:lannosuke:20200910004236p:plain

 ↑ 参考画像

少し丸っこい印象のあるかわいらしい女性であった

今流行りのマシュマロ系女子だろうか(カメックス系女子ともいう)

しかし少し丸い方が抱き心地(直球)も良いと筆者は友人(イケメン)(マッチ数2千)から聞いていたためとりあえず捕獲してみる事にした

 

 

 

筆者「はじめましてー(定型文)」

マリ「こんばんは!マッチありがとう!」

筆者「こちらこそありがとうございます!(社交辞令)」

~中略~

筆者「へー、マリさんは映画が趣味なんですか(諜報)」

マリ「そうなの!映画館で見るのが好き!」

筆者「最近話題になってる○○って映画は見ました?(急いで調べた)」

マリ「それまだ見てないんだよねー」

筆者「友達から面白いって聞いた(作り話)んで気になっているんですけど、良かったら今度一緒に見に行きません?」

マリ「行こう!」

 

 

 

捕獲成功したようだ(安堵)

 

 

幸い今回は映画デート

映画館は不慣れという訳ではなかったが映画の後は内容をネタにカフェでお茶と相場が決まっている(友人の入れ知恵)ので近場のカフェを予めチェックしておいた(周到)

 

 

そして来たるXデイ

 

 

 

 

 

筆者「(ドキドキ……)」

???「ごめん待った?(低音ヴォイス)」

筆者「え?」

 

 

そこに現れたのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200910010223j:plain

デェン!!wwwデーデーデデデ↑ーデデデデデ↓ーwwwデェン!!デェン!!www(BGM:神の怒り)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?(^。^;)?

 

 

 

 

映画は面白かった(マインドクラッシュ社長)

 

 

 

 

 

 

 

ルージュラ編】

 

時系列的にはマリルリ(オベリスク)編の2か月後あたり

筆者はとある女性とマッチしていた

f:id:lannosuke:20200910012958j:plain

 ↑ 参考画像

加工しているはずであるがなかなかにユニーク(オブラート)な顔面をしていることが伺えた

しかし丁度その時期筆者には映画館で見たい映画があった

オタクを連れて見に行っても良かったかもしれないがちょっとそれは憚られたため、折角なのでこの女性について来てもらおうと画策した

これは余談であるが顔面がユニーク(チクチク言葉)な女性は相対的にマッチ数も少なくなり、競争率の関係からかデートへ誘う難易度が易しくなるらしい(友人談)

どうやら顔面偏差値と捕獲難易度は比例関係にあるようだ(当然)

 

 

 

筆者「Likeありがとうございます!(社交辞令)」

ルジュ「はい」

筆者「………………」

 

 

 

 

 

 

 

………ん????

なにかおかしいね

 

 

 

 

 

~中略~

筆者「映画とかたまに見に行くんですね~(話題誘導)」

ルジュ「でも最近の映画はあんま面白くなくて この前マッチした人と見に行ったのも全然だった」

ルジュ「結構マッチするんだけどね~ もっと面白い人がいいわあ」

筆者「ハハァ…(マジメくん)」

ルジュ「いきなり会えませんか~とか言ってくる人もいるけどさぁ、いや私にメリット無いぢゃん?笑 どうせヤりたいだけでしょ笑」

筆者「アハハ…(地獄)」

ルジュ「そういうのばっかで困るのよね~」

 

 

 

何故か苦労話や自慢話を聞かされ続ける筆者(疲弊)

脱線に脱線を重ねた会話だがとりあえず苦労の末、元のレールへと戻すことができた(Pルート)

 

 

筆者「○○って映画一緒に見に行きません?(終着点)」

ルジュ「いいけど奢ってくれるよね?」

筆者「え」

ルジュ「誘ったのきみじゃん?誘った男が出すの普通じゃない?」

筆者「…………」

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか……この女………

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニークな顔してる割にお高くとまっていないかいィ↑??(CVマスオさん)

 

 

 

 

 

女のモテには二種類あると聞いた

一つは素直にモテる事

もう一つは膣モテである

先程述べたように顔面がユニークになるにつれデートへ誘う難易度は下がっていく

すなわちチンポ脳にとってヤれるギリギリの顔面偏差値帯は簡単に誘えて簡単にヤれるお手軽な層になりよく狙われるのだ

しかし世の中の女性は基本的に自分の顔面偏差値を客観的には見れないそうだ

それによってお手軽チンポが寄ってくる膣モテを本当のモテと勘違いして天狗になってしまう女性がしばしばいるらしい

このルージュラはうわさに聞いたソレと紛う事無く合致していた

 

ルジュ「奢ってくれるなら行ってあげてもいいよ~」

筆者「ハハァ…(Gルート突入)」 

 

それ以来チャットはしていない

捕獲失敗(予定調和)

 

 

 

 

 

 

 

ミミッキュ編】

 

これはマリルリ編の数週間後のこと

とある女性とマッチしていた

f:id:lannosuke:20200910142339j:plain

  ↑ 参考画像

小柄な18歳の、少女呼んでも差し支えないようなかわいらしい女性であった

とりあえずゲットを試みることにした

 

 

 

筆者「はじめまして!(定型文)」

ミミ「よろしくです!」

筆者「こちらこそ!(社交辞令)」

~中略~

筆者「古着屋巡りが趣味なのか~(相槌)」

ミミ「結構かわいい服も売ってたりするんですよ!」

筆者「興味はある(大嘘)んだけど行ったことなくて~ 今度案内してよ(適当)」

ミミ「良いですよ!行きましょう!」

 

 

 

捕獲に成功した

 

 

実際古着屋など友人に連れられて過去に数回行った事がある程度

そんなに面白かった記憶が無いが今回の相手はそれを趣味としているほどだ、それなりに詳しいのだろう

新たな開拓があるのではないか、少し興味が湧いた(大冒険)

 

 

そして迎えるデート当日

 

 

 

 

 

筆者「(ドキドキ……)」

???「らんのすけさんですよね……?」

筆者「そうです(食い気味)」

 

 

そこにいたのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200910142339j:plain

 

 

 

 

 

 

筆者「(あ、写真どおりの人だ(珍事)(驚嘆))」

ミミ「じゃあ行きましょうか!」

筆者「ハイ(混乱)」

 

詐欺レベルのヒト(絶望)が来ることを想定していたが予想外に普通のヒトが来てしまったため混乱する筆者(意味不明)

しかし良い誤算である為気持ちを切り替えて街へ繰り出すことにした

 

 

古着屋を回り様々な服を物色する筆者たち

しかしそこで事件は起こる…

 

 

 

 

 

筆者「ミミちゃんどこの大学通ってるの?」

ミミ「大学生じゃないよ~」

筆者「じゃあ社会人?」

ミミ「それも違うかな」

筆者「え?」

ミミ「実は高校生なんだ♡」

筆者「………………」

 

 

 

 

 

 

ポキッ

 

ミミッキュの ばけのかわが はがれた ▼

 

 

 

 

 

 

 

18歳未満は利用禁止と規約でも明記されているがどうやらこのアプリではガバガバらしい

後で知ったことであるが他のマッチングアプリでは広く一般的には年齢確認で身分証の写真の送信を義務付けているものが殆どらしくTinderのようなガバガバシステムの方が珍しいようだ

 

帰り際に「今度らんのすけくんの家見せてよ♡」とか言われたが「ハハァ…(マジメくん並感)」としか言えなかった

年齢詐称には気を付けよう(ゆうさく)

 

 

 

 

 

 

 

ゾロアーク編】

 

これはルージュラ編の少し前の出来事

とある女性とマッチした

f:id:lannosuke:20200910151147p:plain

 ↑ 参考画像

年齢も30前後、落ち着いた感じの奇麗な大人の女性という印象だった

とりあえずチャットを始めてみる事にした

 

 

 

筆者「はじめましてー(定型文)(114514回目)」

ゾロ「はじめまして~」

筆者「マッチありがとうございます!(社交辞令)」

ゾロ「こちらこそ!」

 

 

適当にいつも通りの挨拶(定型文)のやり取りをして会話を進めていく筆者

するとゾロアークさんから不意に話題を振られた

 

 

ゾロ「らんのすけくんはどういう目的でTinderやってるの?」

 

 

この手の質問は時々される

いつも通り当たり障りのない返答をすることにした

 

 

筆者「趣味(映画)(という設定)の会う人とお茶しながらお話しできたら良いなと思っています!(無難)」

ゾロ「それだけ??」

筆者「…………」

 

 

それだけ?とはどういう事だろうか(哲学)

なにか試されているのか

古代エジプトにおいて、スフィンクスは旅人に質問を投げかけては正解できなかった者を捕らえ、喰らうという

刹那筆者の脳裏に不安がよぎる

しかし直後ゾロアークさんから追いメッセージが来た

 

 

ゾロ「私はもっと近くでお話ししたいな♡」

 

 

これは……アレか?

セックスアピールか?

慎重に言葉を選びながら返答をした

 

 

筆者「では落ち着けるところでゆっくりお話ししましょう(抽象)」

ゾロ「いいところ知ってるから一緒に行かない?」

 

 

これは…アレだ

セックスだ(直球)

 

とりあえず会うことになった

 

 

 

 

特に理由はないが三日くらいシコ禁をしていた

特に理由はない(念押し)

 

そして迎える当日

 

 

 

 

 

筆者「(ドキドキ…………)」

???「らんのすけくん?」

筆者「ハイ(食い気味)」

 

 

そこにいたのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200910151147p:plain

 

 

 

 

普通に美人な女性だった(フラグ未回収)

 

 

ゾロ「こっちこっち」

筆者「ハイ(呆然)」

 

 

手を引かれてどこかに連れていかれる筆者であった

 

 

 

 

到着したのはよくわからないお城のような建物(比喩)

まあ予想はしていましたがまさか本当にイクことになろうとは

パネルで適当な部屋を選ぶゾロアークさんを横目に見ながら筆者はチンポをビンビンにしていた

 

 

筆者「アンノォ…ホテル代……」

ゾロ「気にしないで~ アタシが出してあげるから~」

筆者「ありがとうございます(KMR)」

 

 

部屋に向かう道すがらそんな話をしていたら気が付いたら到着していた

荷物を置き、適当に会話をしてそれぞれシャワーを浴びる

シャワーを浴びている最中も筆者の筆者(ミライのミライ的なナニか)(意味は不明)は常にバッキバキであった

シャワーの後、ソファーに腰かける筆者

すると彼女がおもむろに膝の上に跨ってきた(対面)

 

 

ゾロ「………………♡」

筆者「アンノォ……」

ゾロ「ごめんね、あまり長くいられないの」

筆者「どうしてですか?」

ゾロ「旦那が帰ってくる前には家に戻らなきゃ」

筆者「あーそれはタイヘンデスネー(モゴモゴ)」

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………

 

……………………………………………

 

 

 

 

 

ん??????????????????????????????????????????????

 

 

 

 

この女、今なんと?

 

 

 

 

 

 

 

筆者「えっと、何があるから帰らなきゃいけないんでしたっけ(錯乱)」

ゾロ「だからぁ~旦那~♡」

筆者「………………………」

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾロアークの イリュージョン! ▼

 

 

 

 

 

 

 

筆者「え、結婚されてたんですか?????」

ゾロ「言ってなかったっけ~www」

 

 

 

 

 

 

 

 

何も聞いてないし半笑いで言う事じゃ無くね?????????????????????????????????????

 

 

 

 

混濁する意識の中、ナンカヤバイと感じた筆者

 

 

 

筆者「あ、電話かかってきたみたいなんでちょっと外で話してきます(ウソップ)」

ゾロ「はーい」

 

 

財布とスマホだけ持って部屋の外に出る筆者

そのままダッシュで駅まで戻った

持ってきたポーチはくれてやろう(5千円くらい)(安物)

 

 

 

 

 

その日、名古屋駅構内でチンコをバッキバキに勃起させながら疾走する変質者が目撃されたそうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがだっただろうか

今となっては昔の事、既にやめてしまっている身からすればセクモンGO環境の現状はどうなっているのか皆目見当もつかない(競技人口激減)

しかし無課金で始められるマッチングアプリなんてTinder以外にないので興味が湧いた奇特な方がいれば始めて見るのもまた一興ではなかろうか(無責任)

まあまじめにやるならちゃんと課金したアプリを使った方が安全であり、質も良いと思う(推測)ので筆者としてはそちらを推奨したい

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも使わないのが最善策である(時間の無駄)

みんな、街コンに行こう!(某氏の記事へ続く)(大嘘)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200910200409j:plain

筆者が思う、伝説のセクモンのMVT(Most Valuable Tweet)

 

FallGuysで人格破綻者となった人のお話(脱糞)

こんにちは

らんのすけです

ところで諸君は最近巷で流行しているこのゲームをご存知だろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826214754p:plain

 

堕ちる漢たち(直球)

 

 

 

オタクもすなるゲームといふものをウェイもしてみむとてするナリということでSteam版を購入してみた(衝動買い)

 

 

 

コンビニ支払いで入金を済ませ、ダウンロード画面へ

因みに筆者の動作環境(ハードウェアスペック)は以下の通り

CPU…Intel Corei5-3230M @2.60GHz

RAM…8.0GB(増設済み)

こんなクソスペックノートでも問題なく(ラグあり)(FPS15程度)(脱糞)作動するのでご購入を検討の方は参考にして頂ければ幸いである

 

 

 

そうこうしているうちにダウンロードが完了した

 

 

f:id:lannosuke:20200826220138p:plain

※スクショ忘れていて最初期の待機画面ではない

 

なんかかわいいね(小並感)

FallGaysは1v多数のバトロワモノと聞いたのだが、PUBG(脱糞)のような殺伐としたFPSというよりかは大人数で遊ぶパーティーゲームらしいのでキャラクターもポップなものになっているのだろうか

なんというか、子供向け感(舐めプ)が否めないがまあ話題になっているからにはそこそこ楽しめるんじゃないだろうか(適当)

それでは初戦、潜っていくとしよう

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826220836j:plain

オゥーッホッホッホゥーwwwwwwwwwwwwwwwwwww(Gay兄貴の鳴き真似)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826221156j:plain

最初のステージはHIT PARADE

英検5級でTOEIC100点も取った筆者の読解力でテキストを読み解くとどうやらレース(直球)らしいのでとにかく相手より先にゴールすればいいらしい(IQ810)

マァ溢れ出るセンスを以てして初見でもこいつらを分からせてやろう(余裕の表情)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ操作方法も知らないんですけどね(下痢便)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再びマッチングを開始

すると選ばれたのは先程と同じステージ(初見はここしか出ないとかありそう)であった

 

f:id:lannosuke:20200826222303j:plain

スタート位置も最前列とはいかないまでも2列目

今度こそ分からせてやるか(ニチャア)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826222516j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826222705j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

なんか初っ端から動けないんだが???

Fall害のせいで完全に出遅れたが小生の腕を以てすればまだ………

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826222835j:plain

ボケがよ(絶叫脱糞)

 

 

 

掴まれてなかったら絶対間に合ってたんだが????

 

 

 

 

その後も鉄骨渡り後ろから突き落とし野郎(過激)やゴール前絶対守護男(サッカーでもしてろ)などに散々虐められ(人間の屑がこの野郎…)筆者の精神は病んでいく一方であった

 

 

 

 

 

 

 

何度目か分からないマッチング

ようやく今までとは違うステージと巡り合った

 

f:id:lannosuke:20200826223944j:plain

DOOR DASH

どうやら本物のドアと偽物のドアがあってそれらを突き抜けていくという正月の特番で芸人がよくやらされているアレ(絶望)のようなステージらしい

割と運ゲー感が否めないがこれなら操作に慣れていない筆者にも十分勝ちの目があるのではなかろうか(弱気)

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826224301p:plain

スタートも最前列

運が味方している(春日)

小生の本領、見せちゃいマスカ(オタクスマイル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826224448j:plain

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826224512j:plain

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826224533j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お分かりいただけただろうか(心霊特集)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826224512j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826224950j:plain

 

 

何で飛んでんだよ(キレ気味)

 

 

こんな子供向けパーティーゲームにまでチート使って楽しいのか?オイ

まああんなの無視して残りのプレイヤーで楽しくやろうや(耐え)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826225404j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826225443j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいおいおいおい❗ドナルド・マクドナルドのマナルキツすぎてキツツキ挿入❗笑笑笑笑ズボズボズボズボズボズボワハハハハハハハハハハハハハ爆笑爆笑爆笑爆笑笑笑笑笑イグイグイグイグwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

FlyGaysに改名しろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後のマッチ、筆者がとった行動は……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826225912j:plain

 

 

ゴールしようとする奴ら邪魔するのタノシすぎてキツツキ挿入❗笑笑笑笑ズボズボズボズボズボズボワハハハハハハハハハハハハハ爆笑爆笑爆笑爆笑笑笑笑笑イグイグイグイグwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

壊れちゃったね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【結論】

このゲームはポップなパーティゲームではなくドロッドロの足の引っ張り合い

まさに人生(達観)

 

 

 

 

 

 

ご購入を検討中の方々はこの辺を理解したうえでプレイしていただきたいものである(締めの格言)

それでは皆さん、良いポケモンLifeを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200826165646j:plain

これはFall Gays(制作時間10分)(魂の作品)(意味は不明)

 

丑三ツ刻の夜の公園で怪異に遭遇したお話

どうもみなさんお久しぶり

らんのすけです

前回の投稿から半年、特に書き綴るネタもないがお盆休みの実家があまりに暇すぎたもので適当につまらない記事を数件書きなぐっておりました(報告)

前置きはとりあえずにして、今回は夏ということでこの辺で一つ筆者が体験した心霊体験を読者の皆さんにお届けしようと思います

 

 

これは昔、ある真夏の夜の出来事でした…………(本当にあった怖い話並の導入)(消える蝋燭)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある夏の夜、つい先日リリースされたばかりのポケモンGOにドはまりしていた筆者は友人のSと二人でミニリュウ探しのドライブ(迫真)に出かけていた

ドライブと言っても筆者が下宿を始める前の話、都会暮らしの読者諸君が思い浮かべるような夜の街の喧騒(意味深)は無く地元の街灯もそこそこな田舎の住宅街を走っていた

 

筆者「ヌワァンツカレタモォン(唐突)」

S「チカレタ…(便乗)」

筆者「キツかったっすね今日も(収穫無し)」

S「スッゲーキツかったゾ(萎え)」

筆者「やめたくなりますよ~ミニリュウ探し(捕獲0匹)」

S「どうすっかな~オレモナ~(巡回続行)」

 

他愛もない会話を続けながら筆者たちはマップ右下のニアバイ(周辺情報)だけを頼りにミニリュウの影を追っていく

余談ではあるが当時はまだP-GOサーチ(故)といったサードパーティ製のサーチアプリやみんポケ(激臭)といった情報まとめサイトは存在しない

もっと言えばニアバイの影をタップしたら近くのポケストップが表示されるなどと言った親切仕様は実装されておらず、ただ単純にプレイヤーの現在位置周辺半径200mに出現中のポケモンの影を表示するだけ(脱糞)の頭の悪い仕様だったため、対象がニアバイから消失した地点を3点記録しそれぞれを結ぶ線分の垂直二等分線の交点から出現位置を特定する円周測量法(筆者考案・命名)(適当)によって地道に捕獲していくしかなかった故にしんどい(直球)のである

 

 

 

暫く探索を続けた筆者たちであるが、Sの提案により近くの公園に駐車し休憩を取る事となった

流石に休み無しで車を走らせ続けるのも疲れる(当然)

閑静な住宅街からさらに一本道を外れた先にある公園へと向かった(不穏な雲行き)

 

 

 

道すがらジムを破壊(戦闘狂)して回る筆者たち

また余談ついでの昔話だが、当時のジムシステムは現在のそれとは大きく異なりポケコインをもらうためには報酬受け取り時点での制圧ジム数が重要であった

簡単に言えばジム1つ占拠した状態で受け取れば10コイン、最大10か所制圧した状態なら100コインを23時間で1回受け取る事ができる仕様であった

そのためジム制圧には今より余計に神経質になり、100コイン受け取る直前でジムを落とされたりした暁にはそのトレーナーのidを控え地の果てまで追い掛け回して実家を特定(絶望)するなどと言う暴挙に出るトレーナーも少なからず存在したが、その話はまたの機会にするとしよう(意味は不明)

 

 

 

そうしているうちに公園へと到着した

f:id:lannosuke:20200824041441j:plain

↑これはイメージ図

日付をまたいでるせいもあってか駐車場に停まっている車は筆者たちの車を除けば殆ど無く、停められている数少ない車も全てエンジンが切られていて車の主はどこにもいないようである

加えて節電のためなのか公園内の街灯も落ちていてそれが不気味さをより加速させていた(防犯上どうなのだろうか…)

 

ポケGOのマップを見てみるとこの公園内にもジムが存在した

暗いのは怖い(女の子特有のビビり)が、結局ヒトケの無い公園の暗がりへと進むこととなった(逃れられぬ業)

 

 

 

 

 

 

 

 

 ……………………………

 

………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

ジム戦を終え、特に何事もなく駐車場まで戻って来た筆者とS

ミニリュウ探索の続きをしようと車まで歩いて向かう

すると筆者はふと違和感に襲われる

 

駐車場に停められている車は少ない

それ故に大まかなの車の種類、位置は記憶していた

どの車もエンジンは切れ、無人で放置されていたはずである

しかし

 

 

 

 

その中の一台が今、風も無いのにゆらゆらと揺れているのである(恐怖体験)

 

 

 

 

勿論エンジンなどかかっていない

ではなぜ揺れているのか…

 

 

筆者「ちょっとすみません(小声) そっと(車内確認)お願いします(課長並感)」

S「やだ(怪奇現象)こわい……(押しつけ)やめてください…………」

筆者「ちょっと(行かないなんて)横暴ですね」

S「母が生意気…(反抗期)」

筆者「一回(じゃんけんして負けた方が)押して(確認)もらえませんか」

S「グノシー(承諾)」

 

 

 

 

 

 

 

 ……………………………

 

………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ筆者ばかり貧乏くじを引かねばならないのか

運の無さを呪いながら恐る恐る揺れる車(ポルターガイスト)へと近づいてゆく

 

雲に覆われ月明かりもない夜

街灯も落ちた夜の闇と公園の静けさで不気味さが増す中ようやく車の後方へとたどり着く筆者

それを遠巻きに眺めるS

人間の屑がこの野郎………

 

車の間近で見るとやはり目の錯覚でなく本当に揺れていたことが再確認できた

しかしなぜ揺れているのか

スマートフォンのライトで恐る恐る車内を覗いてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200824041717j:plain

 

裸の男がいた(迫真)

 

 

 

 

そこからの記憶はない

 

 

  

後日談(ホラー小説あるある)であるが、揺れる車を発見した時点でSは車内で何が起きているのか察しはついていたらしい(憤怒)

分かっていて筆者を差し向けるとはなんという食わせ者…

読者諸君にはくれぐれも夜の公園には気を付けて頂きたいものである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ガキどもの悲鳴)(本当にあった怖い話並感)

今宵ご紹介した心霊体験、いかがだったでしょうか

夜の公園には何かと怪異(意味深)が集まるものです

それでは皆さん、またいずれお会いしましょう…(闇夜に消える)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200824042215j:plain

何とも奇妙なポケGOlifeであった (カーセックス編 ー 終)

 

クソルール考察 -ポケモンEカード-

お久しぶりぶりブリムオン

らんのすけです

 

今回は思い付きで書いたしょーもない記事なのでマジの暇人以外読まないでください(注意喚起)

それではどうぞ(唐突)

 

 

 

 

 

 

 

【Eカード】

 

Eカードとは賭博黙示録カイジに登場するカードゲームの一種で、ルールは以下の通りになります

 

ゲームは皇帝のカードを1枚、市民のカードを8枚、奴隷のカードを1枚の計10枚を用いておこなわれ、プレイヤーは皇帝側、奴隷側に分かれる 
皇帝側は皇帝のカード1枚と市民のカード4枚
奴隷側は奴隷のカード1枚と市民のカード4枚
以上を持ちゲームスタートとなる 

それぞれのカードには以下の三竦みの関係がある 
・皇帝のカードは市民のカードに勝つ 
・市民のカードは奴隷のカードに勝つ
・奴隷のカードは皇帝のカードに勝つ 

    f:id:lannosuke:20200127205654p:plain
   「皇帝」

    ↙  ↖

   f:id:lannosuke:20200127205839p:plain → f:id:lannosuke:20200127205920p:plain
「市民」 「奴隷」 


5枚のカードを出し終えるまでに勝敗が決定し、勝敗が決したいずれかのターンで勝利したプレイヤーがゲームに勝利する

 

結局のところ皇帝のカードを握った人間が圧倒的に有利であり、仮に市民のカードが無限に存在するならば皇帝側は市民のカードを永遠に切っているだけで100%負けることはありません(意味不明)

まるでどこかのクソゲーの不意打ち択みたいですね

そこでポケモン(クソゲー)で簡単にEカードのような心理戦を再現できないか考察してみました

 

 

 

 

【用意するもの】

 

①ドラパルト

f:id:lannosuke:20200128173748j:plain

持ち物:命の珠

技:ロックオン/捨て身タックル

 

 

②オーロンゲ

f:id:lannosuke:20200128173818j:plain

持ち物:強化アイテム

技:不意打ち/イカサマ

 

 

この二匹に関しては不意打ちを撃てるポケモンと、実戦でも不意打ちを撃たれる機会が多そうなポケモンの代表として選びました

あと何となくカイジとトネガワに似ているので

ドラパルトに関しては陽気AS個体をボックスから連れてきました(怠慢)

耐久無振りロンゲを確定で持っていくために若干火力が足りないので持ち物は命の珠、技は不意打ちをスカすためのロックオン及び命中安定最高打点の捨て身タックルを採用しました(とっておきもあるけど対戦開始までひと手間かかるので不採用)

オーロンゲに関しては上記珠ドラパルトの捨て身で一撃死するために性格はさみしがり(A↑B↓)を採用しB個体値を0にしH個体値も可能な限り低く設定しました

技に関しては必須の不意打ち、あとはロックオンに合わせる攻撃技として何となくイカサマを選びました(カイジイカサマしそうな顔をしているとか他意はない)

努力値はA252だけ振り、持ち物に関しては不意打ちでドラパルトを確定で持っていくため今回は黒い眼鏡(悪タイプ強化アイテム)を持たせました

 

 

 

 

【ゲーム進行】

 

今回の配役をEカードになぞらえて説明をすると以下の通りになります

 

f:id:lannosuke:20200127205839p:plain

市民カード……不意打ち(PP5)、ロックオン(PP5)

共に皇帝、奴隷側の安全牌

奴隷側はロックオンを押していくことで皇帝側の不意打ちを枯らしていく

 

f:id:lannosuke:20200127205654p:plain

皇帝カード……イカサマ

皇帝側はイカサマを選択することで奴隷側の市民カードであるところのロックオンを殺す事ができる

皇帝及び奴隷側のロールカード(イカサマ、捨て身タックル)に関してはどちらかが使用した時点で勝敗が決するのでPPは2以上あるものの1枚として扱う

 

f:id:lannosuke:20200127205920p:plain

奴隷カード……捨て身タックル

奴隷側は皇帝側から撃たれる不意打ちの中に挟まれるイカサマに対してこのカードを切る事で唯一勝利することができる

 

ここで間違えていけないのはトネガワ(ドラパルト)が奴隷側であり、カイジ(オーロンゲ)が皇帝側であるということです

見た目からして逆だろう……! そこは……! 常識的に……! という批判はナシの方向で(迫真)

 

 

ー進行ー

対戦形式はシングルバトルノーマルルールです

f:id:lannosuke:20200128174053j:plain

お互い1匹だけ選出するためにこのような形式を選択します

まずじゃんけんや話し合い等で奴隷および皇帝側を決めます

決めたら奴隷側はドラパルト、皇帝側はオーロンゲだけを選出してください(お互い同じロールを選択するとおかしなことになるのでNG)

そこからは思い思いに普段ランクマでやるような不意打ち択ゲー、ポケモンEカードを心ゆくまでお楽しみください(涅槃)

ポケモンというゲームの性質上ロックオン及び不意打ちのPPが5であるため、本家と違い市民カードが4枚ではなく5枚からのスタートとなってしまいますが、よりEカードとして楽しみたいならば数を合わせるために最初の1ターンは口約束でお互いロックオン及び不意打ちを合わせてあいこにするというのも手間ではありますが一つの楽しみ方です

 

 

まあ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200127232217j:plain

 

船井みたいなヤカラがいないとも限りませんがね(暗黒微笑) 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

ポケモンEカードは分かったけど個体を用意するのがめんどくさいというカイジもビックリな怠け者の為にポケモンEカードセットをご用意しました

友人同士のちょっとした暇つぶしに、オフの敗者復活戦等の余興に、はたまた左耳の聴力を賭けたギャンブルに、どうぞご利用ください

f:id:lannosuke:20200128174211j:plain

残念なことにこのセットを作ったものの筆者にはEカードを遊ぶような友人がいない事に気が付いたので、カイジも咽び泣くような良いヤツのお前らは是非、筆者とフレ戦でもしてやってください

 

 

 

 

それでは皆さん、良いポケモンLifeをー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20200128004542j:plain

これはサムネ用に作った雑コラ

唐揚げ定食 食レポ記事 (意味不明)

どうも皆さんごきげんよう

らんのすけです

 

突然だが、読者諸君は「爆食」という言葉をご存知だろうか(唐突)

広辞苑を検索しても出てこないあたり、日本古来の単語ではないようだ

近年の造語なども収録されているデジタル大辞泉によれば

 

  ばく‐しょく【爆食】
  [名](スル)並外れた量を食べること。けた外れの大食い。
 

字ズラ通り意味を追っていけば「爆」発的に「食」う

そのままの意味でドカ食いすることである(迫真)

この「爆食」 という造語

起源について全くもって興味は無かったのだがとある情報筋からのタレコミによるとどうやら塩釜口に存在する定食屋が初めに言い出してから全国的に広まったらしい(半信半疑)

その名も「洋食工房 パ セ リ 」(迫真)

そういう事なので今回はその情報を筆者にもたらした某氏とそのツレと共に、 † 爆食の殿堂 † へと殴り込みをかけたその勇姿を記事に記そうと思う

f:id:lannosuke:20191030201815j:plain

 

 

これはデデデ大王である(急に冷静)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★登場人物

 

 

f:id:lannosuke:20191030204454j:plain

らんのすけ

名ポケ創造神

言うまでもなく神である

神が飯に屈するはずもない

どんなドカ食い定食が来ても食いきる自信があった(謎の自信)

 

f:id:lannosuke:20191030202342p:plain

ぱっぷ氏

ねおぽけ創造神

筆者より一つ年上であり、この方も神である

㊙️情報であるがどうやら霊が”視える”らしい(迫真)

まあ神なので当然である

 

f:id:lannosuke:20191030202434j:plain

ぱっぷ氏のツレ

三人組の(元)ねおぽけ部員である

左から順にメタ君、りなちゃんさん、ラクさんである(眼鏡の有無)(適当)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

某日、筆者はバイト(スマホ開いてポケマスで遊んでるだけ)(脱糞もした)を終えそれはもうヘトヘトになって帰路に就いていた(大嘘)

晩飯は何にするか、寝るまでの間はレートをするかポケマスex周回をするか、適当に考えながら自転車を走らせていた

するとそこへ…

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「…ん?メタ君からナリか」

 

何故かtwitterのダイレクトメッセージが届いた(唐突)

 

f:id:lannosuke:20191030205911j:plain「今から家行きます(迫真)」

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「ファッ!?ウーン…まあいいナリよ(観念)」

 

f:id:lannosuke:20191030205911j:plain「その為の右手(別れの挨拶)」

 

 

 

 

 

何故かうちに来る事になった(意味不明)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅に到着する筆者

しかし部屋の前に何者かの影が(警戒)

しかも2人(絶望)

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「誰ナリか!?(震え声)」

 

 

 

そこにいたのは……

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210511p:plain「やあ(迫真)」

 

 

この男、ぱっぷ氏

絶 対 寿 司 奢 る マ ン (迫真)

余談であるが筆者はぱっぷ氏の卒業祝いで寿司をおごらせたという過去を持つ(おごったではなくおごらせた)(因果逆転の呪い)(意味は不明)

 

 

中京を卒業してからというもの新潟に引っ越してしまい疎遠になっていたぱっぷ氏とまさかの再会を果たした(少女マンガ的展開)

少女マンガであればこの後オシャレなカフェレストランに誘われ優雅なディナーを満喫する展開

しかし現実は………………

 

 

f:id:lannosuke:20191030210511p:plain「まずウチさぁ…パセリ…あんだけど…寄ってかない?」

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「イキますねぇ!(錯乱)」

 

 

爆食の殿堂へと連れて行かれることになった(意味不明)

 

 

 

 

 

 

 

 

この「洋食工房パセリ」通称「パセリ」という定食屋は中京ポケサーのオタクたちの口から時々聞いていた

情報元は様々だが結論言っている内容は同じ

 

 

量が迫真的である(脱糞)

 

 

 

これに尽きるようだ

加えてパセリへの道すがらぱっぷ氏に教えて貰ったがどうやら世間で使われている「爆食」

という言葉はこのパセリが発祥という(畏怖)

まさに爆食の殿堂である

 

しかし筆者は心中そんな大したことはないと思っていた

爆食と言ってもタカが知れているし本当にヤバい量が出てくるならテレビで紹介されていてもおかしくない

所詮世間的にはマイナーな定食屋が出す自称爆食メニューなど筆者の戦闘力をもってすれば余裕で平らげてやれる

半ば完食する前提の余裕の面持ちで大地を踏みしめていた(王者の風格)

 

 

 

 

 

 

 

歩くこと数分

 

f:id:lannosuke:20191030213215j:plain


 

パセリ着弾(迫真)

 

 

 

ここが噂に名高いパセリか(適当)

思っていたよりも少々手狭な店舗であった

筆者はパセリには今日初めて来店する

その為どんなメニューがオススメなのか分からない

そこで隣に立つぱっぷ氏にイチオシを聞いてみた(物は試し)

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210511p:plain「え?そんなの唐揚げLだよ(食い気味)」

 

 

 

 

 

即答であった(困惑)

 

5人で食券を買い、5人とも当時に食券を店員に渡し席で料理を待つ

その間にこんな話を耳にした

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030213921j:plain「Lシリーズ完食できるやつ見たことねぇなあー(適当)」

 

f:id:lannosuke:20191030205911j:plain「ありぽけってやつがこの前死ぬ気で食って完食してましたよ(情報通)」

 

f:id:lannosuke:20191030213953j:plain「基本的にタッパーでお持ち帰り前提の量だよなありゃ…(悲愴)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ コ が よ (失礼)

 

 

 

 

タカが定食屋の大盛りメニュー一つでそんな大げさな(舐めプ)

あれか?からかっているのか?

筆者をビビらせて遊んでいるに違いない(名推理)

そんなこけおどし、ブラフ、ハッタリに怯むようなタマではない(王者の風格)

全く、本当にしょーもない脅しである(クソデカ溜め息)

筆者もとことん舐められたものである(憤怒)

極めて遺憾である(怒髪)

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030221742j:plain「ヘイオマチ(デスボイス)(イカツい店員)(あだち)」

 

 

 

周囲の食わせ物(失礼)達と量がすごいだの何だの会話していたらもう料理が運ばれてきたじゃないか(余裕)

おいおいおい、イカにもな店員がなんか持ってきたぞ?(挑発)

しかも片手で(半笑い)

まだ会話の途中だけど受け取っておくか(よく見ずに手を伸ばす)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………

 

…………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030223340p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030223404j:plain

 

 

 

 

腕を持ってイカれた(大脱糞)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「ナ…何ナリ!?この重さは…!!!」

 

 

 

 

次第に土煙が晴れ(比喩)、姿を現したのは…………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030223846j:plain

 

山 で あ っ た ( 直 接 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「………………………(思考停止)」

 

f:id:lannosuke:20191030213921j:plain「言ったでしょ、完食できたヤツは見たことねぇって(強キャラ並感)」

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「………………………………(混乱)」

 

f:id:lannosuke:20191030205911j:plain「おいしそーだねー(オタクスマイル)」

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「………………………………(脱糞)」

 

f:id:lannosuke:20191030213953j:plain「イキスギィ!(意味不明)」

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210511p:plain「さあ、食え(死刑宣告)」

 

 

 

この時だけぱっぷ氏が悪魔に見えた

 

 

 

 

 

 

 

 

 強敵を目の前にした筆者

しかし思いのほか冷静な思考が整っていた

 

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「満腹中枢は単純に胃の内容物の量に比例するわけではないという話を聞いたことがあるナリ(冷静分析)」

 

その通りである

実際満腹感を覚えるのは間脳視床下部にある満腹中枢の影響を受け、摂取された食事のグルコースが満腹中枢を刺激するためとされている(医学書情報)

そのため過度なカロリー摂取、摂食を抑えるためにはゆっくり食事をとり、満腹中枢を胃の中が満たされないうちに発動させることが大切である

つまりとにかく食わなくてはならない今、この瞬間においてはその逆

満腹中枢が働く前にすべての唐揚げを腹に詰め込まなければならないのである(IQ114514並感)

脳の神経系の伝達が早いか、筆者の食う速度が速いか

己との闘いである(迫真)

 

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「食うナリ!!何も考えずひたすら詰め込むナリ!!」

 

 

アグロヴァンプもビックリな短期決戦である

筆者は心を無にし、欲望のまま、満腹感に襲われるまでひたすら詰め込み続けた(賢者)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………

 

…………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「もう満足だ…十分堪能したよ…………(糞尿レストラン)(我修院並感)」

 

 

筆者はひたすらに食った

しかし完食するにまでは至らず

一休みしたら最後の詰め込みをちょいとしてやるか(重い腰を上げる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030231128j:plain

 

ボ ケ が よ ( 日 本 国 歌 )

 

 

 

減ったか?減ったのか??

食ってる間に増えたんじゃないのか???

こいつらきっとプラナリアか何かで勝手に体細胞分裂して食ってる間に増えてったんだ(狂乱)

 

半ば錯乱状態の筆者

ぱっぷ氏はこのように筆者が苦しむ姿を見て自分は適量を楽しんでいるんだろうなあ(怒り心頭)

そう思い、殺意の眼差しを横に振ってみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210511p:plain「フッ……フゥ……………………キツイ……(半分以上残ったクソデカトンカツ)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンタ何やってんだ(麻生太郎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このパセリの唐揚げ

最初の方はうまい(主張)

確かにうまい(大切なことは二度)

しかし如何せん飽きる(絶望)

しかも通常ならもも肉を使い、ジューシーに揚げるのが唐揚げというものだろうにここの唐揚げは何故かむね肉を使っているためパッサパサである(賢者)

加えて盛り付けの特性上大きい塊は下に、小さい欠片を上に積み上げている

そのため掘り進めるほどに大きな塊との格闘を余儀なくされ結果指数関数的に進む難易度は上がっていき、唐揚げを食らう速度は減速していく(脱糞)

それでも卓上の様々な調味料を駆使し、これ以上無理というラインまで詰め込んだ(健闘)

 

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「ハァ…ハァ……やったナリか………?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030232549j:plain

 

ようやく半分(絶叫脱糞)

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「……………………(言葉を失う)」

 

f:id:lannosuke:20191030213953j:plain「あー、これは1タッパーには収まらないねー(適当)」

 

f:id:lannosuke:20191030205911j:plain「まだ食えますよね?そのための拳?(意味不明)」

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「やめてくれよ…(KMR)」

 

 

 

完全に舐めていた(遅い)

その辺の定食屋の大盛りと同じだろうとタカをくくっていた(馬鹿)

何たる不覚(絶望)

 

 

 

 

 

それから数分が経過する

もはや身体が揚げ物を拒絶していた筆者

当然のことであるがあれから一口も進んでいない(意味不明)

筆者は顔を上げ、ただただ虚空を見つめていた(呆然自失)

座っていたのはテーブル席ではなくカウンター席

丁度真ん中といった位置だったので左右どちらを振り向いてもクソデカ爆食定食をモリモリ喰らう男の姿しか目に入ってこなかった(絶望)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191110100416j:plain

最後の晩餐かな?(遠い目)

 

 

 

 

 

すると呆然とする筆者を見かねたのかぱっぷ氏がおもむろに口を開いた

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210511p:plain「キャベツを食べるとなんか気分転換になって揚げ物がまた食べられるようになるよ(助言)」

 

 

 

 

 

ぱっぷ氏からのアドバイスをもとにキャベツをもしゃもしゃ食べ始める筆者

なるほど確かに(光明)

揚げ物は受け付けないがキャベツなら無限に食べられる

つまりはキャベツが入る分の容量は残っているという事(名推理)

気分転換さえできれば残りの唐揚げも平らげられる(生まれる希望)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………

 

…………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030233539j:plain

 

全部食っちまった(絶望)

 

 

何の解決にもならなかった(出棺)

 

 

 

 

 

 

 

 

気合と根性で唐揚げと格闘する筆者

あとクソデカ唐揚げ1つ食えば1タッパー圏内に入るところまできた(大健闘)

しかしここにきてのクソデカ唐揚げはもはやラスボスといってもよい

食べる絶望である(真理)

 

そこで筆者が講じた策は…………

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030210025j:plain「ほら、口を開けるナリ」

 

f:id:lannosuke:20191030210511p:plain「えぇ………(困惑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱっぷ氏に食わせたったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

かくして唐揚げ定食との激闘は幕を閉じた(疲労困憊)

 

 

 

 

対戦結果:完食失敗(悲愴)

使用タッパー:1つ

 

初回にしては及第点といったところではないだろうか(自画自賛)

噂によると2タッパー持ち帰るザコもいたらしい

その人物と比べるなら大分健闘したと言えよう(下を見て安心する男)

 

 

 

 

 

 

 

 

帰路にて

 

f:id:lannosuke:20191031001024j:plain



唐揚げがギチギチに詰まったタッパーを持った不審者がメタ君によって激写された(迫真)

これから先2日くらいはずっとこれが夕飯になるのか……(絶望)

 

 

 

 

 

 

 

以上唐揚げ定食の食レポ記事でした

食レポになってない?正直味なんて覚えてないわ

満腹感を感じること、それが幸せである

質より量の洋食工房パセリ

いつかリベンジを果たすその時まで(締めの決意)

 

それでは皆さん、良いポケモンLifeをー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱっぷ氏が今回の記事は有料記事でも買うよ(社会人の風格)と言ってくれたので今回ほんへは無料のまま賽銭箱を設置することにしました

→[賽銭箱]

今回の記事が為になった、参考になったという奇特な方がいらっしゃれば是非、銭を投げてどうぞ(直球) 

名ポケ危険人物リスト 解説記事【身内ネタ】

こんにちは

らんのすけです

 

 

 

先日筆者はこのような画像をTwitter上にアップした

 

 

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191025012450j:plain

名ポケ危険人物リスト(脱糞)

 

 

 

 

このリストは筆者が長年名ポケ員を観察してきたその集積データと常日頃の名ポケ員のTwitter上での挙動を考慮し、多角的な観点から解析した公平公正を極めた正当な評価である(迫真)

しかしこの画像を公開した直後………

 

 

 

f:id:lannosuke:20191025013531j:plain

f:id:lannosuke:20191025013603j:plain

f:id:lannosuke:20191025013624j:plain

f:id:lannosuke:20191025013636j:plain

 

クレームが殺到した(意味不明)

 

 

いかに名ポケのオタクたちが自分を客観的に見られていないのかがとてもわかる(神視点からの物言い)

そこで今回はこのリストについて、リストアップされた危険人物一人一人の評価とその理由を短く記していくことにしよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【評価基準】

今回名ポケの危険人物をリストアップするにあたり公開した情報はD~S+で下される危険指数の評価である

しかし厳密にはこの評価を下すにあたり3つの評価基準を筆者の中では設け、それに追随した評価をおこなっている(Lannosuke's analysis)

ここではまずその3つの評価基準についての説明から入っていこう 

 

①キツさ

キツイオタクが危険でないはずがない(常識)

「○○マッマァァ!!!」とか「レズセ汁飲みたい…」とか言ってるオタクがいたらまず関わり損である(当たり前)

世の常からの正当な評価であると言えよう(王道)

 

②賢者度 

ここでいう「賢者」は「賢者(広義)」ではなく「賢者(狭義)」である(意味不明)

具体的に説明することは難しい(オタク特有の感覚)ので例を挙げて説明するとするなら某つけ麺ヤクザみたいなものである(説明不足)

主に行動・所作に出るヤバさを表したパラメータである(説明放棄)

 

③キワモノ度

きわ‐もの【際物】キハモノ
①入用の季節のまぎわに売り出す品物。その時を失すれば無用・無価値となる。正月の門松や3月のひな人形などの類。
②一時的な流行をあてこんで売り出す品物。
③当時の世上の事件・流行に取材、時好に投じようとした脚本・小説・映画など。

広辞苑ではこのような意味であるが口語におけるキワモノとは少し意味合いが違う(困惑)

ここでいうキワモノとは簡単に言えば「おかしな人」「変わり者」の事である(迫真)

賢者度が表に出るヤバさなのに対しキワモノ度は内なるヤバさ、主に尖った趣味嗜好や思想を持ち合わせたそのレベルを指すパラメータである(畏怖)

 

以上3点の評価基準を参考に以下、個別解説を順に見ていくとしよう(地獄の始まり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dランク帯

地獄の門は開かれた

ここから先は魑魅魍魎の世界

引き返すなら今のうちゾ(震え声)

 

 

 

f:id:lannosuke:20191025015454j:plain

・うなぎ

 キツさ…………☆☆☆☆☆

 賢者度…………★☆☆☆☆

 キワモノ度……★★★☆☆

別名あなご

イクイクの実のホモ人間である(迫真)

名ポケに属したあたりから淫夢語録でしか会話をしなくなった(困惑)

一昔前に名ポケで暴れまわっていた「一一四五一四松」という絶望的に汚いアカウントは一説によるとこの男が動かしていたらしい

また「ケツデカピングー」という、スイスのクレイアニメーション「ピングー」の映像にサムソンビデオが2010年に発売した「課長壊れる」というホモビデオの音声をアテレコした絶望的に汚い作品をこよなく愛しており、そのスクショを撮ってはTwitterのリプライで送り付けるという所業を繰り返している

この男によって発掘されたケツピンの画像は一部名ポケ界隈でリプライとして使われるにまで汚染されつつあり、まさに危険と呼ぶに相応しい人物である(結論)

危険指数:D

 

f:id:lannosuke:20191025014745j:plain

・あぴすけ

 キツさ…………★☆☆☆☆

 賢者度…………☆☆☆☆☆

 キワモノ度……★★☆☆☆

別名「ぴ獣先輩」(迫真)

この男もまたイクイクの実の能力者である

前述のうなぎと二人で淫夢語録をまき散らす存在であった(困惑)

うなぎと同じく淫夢語録でしか会話をしなかったのに加え、会話した相手の言語回路を破壊し語録しか話さなくさせる非常に危険な能力を持つ(意味不明)

また、アイコンが王道を征くオタクである

危険指数:D

 

f:id:lannosuke:20191025014128j:plain

・浦井清水

 キツさ…………☆☆☆☆☆

 賢者度…………★★★☆☆

 キワモノ度……★☆☆☆☆

こいつに関してはもはや名ポケなのかも定かではない

所属不明の得体のしれないオタクである

何故か名ポケに来る前から認知されていた(意味不明)

大学1年にもかかわらず既に絶起を繰り返しており大学に行かずに路上に寝転がる末恐ろしいオタクである

危険指数:D

 

f:id:lannosuke:20191025020434j:plain

・ありよし

 キツさ…………☆☆☆☆☆

 賢者度…………★★☆☆☆

 キワモノ度……★☆☆☆☆

 

名ポケ唯一のマトモ枠

かつてはそう呼ばれていた時期もあった(昔話)

しかしポケGOでキレ散らかしてスマホを叩き割るという恐ろしい一面も持ち合わせていた(脅威)

比較的常識人ではあるが危険人物であるのは間違いないだろう

危険指数:D

 

 

 

 

 

Cランク帯

既にDランク帯でたまげ散らかしている読者も多い事だろう

この先更にイカれたオタクの博覧会になるのは間違いないのでこの辺りでブラウザバックすることを筆者は強く推奨している(せめてもの慈悲)

 

 

 

 

f:id:lannosuke:20191029210053j:plain

・かばん(ちゃん)

 キツさ…………★★★☆☆

 賢者度…………★★★☆☆

 キワモノ度……★☆☆☆☆

三度の飯よりラーメンが好き

この男もまた、かつては常識人枠に数えられていた(遠い眼差し)

アイカツオタクであり、ガチインマーでもある(意味不明)

筆者の家に上がり込んではアイカツの動画を爆音で流すなどしていた

また、話によるとある日突然家に押し入ってくることもあるらしい(恐怖新聞)

危険指数:C

 

f:id:lannosuke:20191029210710j:plain

・ろくよんご(645)

 キツさ…………★☆☆☆☆

 賢者度…………★★☆☆☆

 キワモノ度……★★★★☆ 

我らが名ポケの四代目代表である

「相合傘って腕疲れるんだよな~」と元カノエピソードを語り女マウントを取る

「野菜はシャキシャキするから萎えます」と言ってラーメンから葱を抜く

「席がなくなった…」と言って二次会の飲みの席で独り孤独に酒を啜る

などなど迫真的な逸話が後を絶たないキワモノである

代表がこんな危険人物でよいのだろうか(困惑)

危険指数:C

 

f:id:lannosuke:20191029211804j:plain

ヒイロ

 キツさ…………★☆☆☆☆

 賢者度…………★★★★★

 キワモノ度……★☆☆☆☆

賢者である(直球)

Twitter上でアバれ回り、頻繁に面白くもなんともないクソリプを飛ばしている

名ポケの上級生から「Twitterの使い方が下手(ハンチョウ並感)」とダメ出しを食らうほどである

前述のろくよんごは温厚で有名だがその彼から唯一冷たいリプライを送られた迫真的な人物でもある

危険指数:C

 

f:id:lannosuke:20191029212305j:plain

・キンタ〇

 キツさ…………★★★★★

 賢者度…………★★★☆☆

 キワモノ度……★☆☆☆☆

名前が下ネタである(迫真)

名ポケ活動報告記事で新一年生はまずそれぞれの担当初回に自己紹介も兼ねて記事を執筆するのだがそこで彼はロリコンについてのキッッッッッッッッイ記事を初手からブチかましたらしい(筆者が見に行った頃には上からの圧力により消されてしまっていたようで観測できず)

超大型新人(迫真)である

危険指数:C

 

f:id:lannosuke:20191029213703j:plain

・パクパクご飯タイム

 キツさ…………★☆☆☆☆

 賢者度…………★★★★☆

 キワモノ度……★★☆☆☆

迫真的な意味不ネームである(脱糞)

名ポケの代表に「垢消せ」とクソリプを送ったりご飯を炊けない名ポケ員を鼻で笑ったりなかなかのイカれ具合である

「パクパクご飯タイム」という名前をしているが代表からは「ぶりぶりうんちタイム」と呼ばれている(意味不明)

危険指数:C

 

 

 

 

 

Bランク帯

もはやこの危険指数にまで来ると1ランクの違いが「格」の違いとも言える程その差が歴然となってくる

これから紹介する6人の危険人物は名ポケの闇を煮詰めて底の方に溜まったような存在である

この6人でパーティを組めばカバマンダだろうとリザグロスだろうと全てを破壊し尽くすに違いない(畏怖)

注意されたし

 

 

 

f:id:lannosuke:20191029223120j:plain

・じゅけンネ

 キツさ…………★★★★☆

 賢者度…………★★★☆☆

 キワモノ度……★★★☆☆

妖怪レズセ汁飲みお化けである(迫真)

一年の頃はキツいツイートを量産していた

最近ではキツさは多少落ち着いたものの賢者度の伸びが目覚ましく、とりあえず目に留まったツイートを片っ端からパクツイしている

じゅけンネとかいう名前をしているが受験生ではないし昔ほどデデンネが好きという訳でもないし今となってはもはや原型を留めていない(困惑)

危険指数:B

 

f:id:lannosuke:20191029223836j:plain

・うるうる

 キツさ…………★★☆☆☆

 賢者度…………★☆☆☆☆

 キワモノ度……★★★★★★★

名ポケ一のサイコパス野郎である(迫真)

この男の書くブログ記事は読んでいると不安になったり寒気がしたり発狂したりとにかく恐ろしい

何を食べたらこんな思想になるのか謎である(畏怖)

百聞は一見に如かず、気になる読者諸君は一度目を通してみるのも手だろう

※参照:「なみだいありー

その結果精神に異常をきたしても筆者は一切の責任は負いかねる

危険指数:B

 

f:id:lannosuke:20191029224758j:plain

・くずきり

 キツさ…………★★★★★★★★

 賢者度…………★☆☆☆☆

 キワモノ度……★★★☆☆

「んんっ…!アクジキング……♡おなかきゅんきゅんってする♡あっ♡ぁあ♡ アクジキング……♡おねがい、びゅうーってしていいんだよ?ねえっ♡ ちょうだい、赤ちゃんのもとちょうだいっ♡♡」

「アクジ!キング!アクジキングぅぅうううわぁあああああああああああん!!! あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああ!!!アクジキングぅううぁわぁああああ!!! あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん」

ア゛ーーーーーーーーーー!!!アクジキング マ゛マ゛ーーーーーーー!!!ワンワン!!ニャンニャン!!!アクアク!!マッマwwwwwwアクジキング マッマーーーー!!!アババキャッキャwwマ゛マ゛ーーーーーーー!!!

…………全てこの男のツイートである(本当にあった怖い話)

危険指数:B

 

f:id:lannosuke:20191029225700j:plain

・さなぴよ

 キツさ…………★★★☆☆

 賢者度…………★★★★☆

 キワモノ度……★★★★☆

自分の事をJDだと思い込んでいる精神異常者(冷静分析)

さなぴよなどという媚びたHNをしているがちょっと前まではさなぐろす(迫真)というバキバキのポケオタネームを使っていた

WANIMAが好きなのかは知らないが一時期WANIMAヘアーにしていた(暫く経つとパーマが解けて肉体派おじゃる丸になる)

飲み会の席ではアバれる、野獣ポーズを取る、等々この男の迫真的な賢者エピソードを取り上げようものなら枚挙に暇が無い

危険指数:B

 

f:id:lannosuke:20191029230650j:plain

・ミヲリョー

 キツさ…………★★★★★

 賢者度…………★★★☆☆

 キワモノ度……★★★★☆

ベロチューをしたと噂される男(迫真)

本人は一貫して「情報操作です」などという供述をし続けてはいるものの火の無いところに煙は立たない

その後も他の名ポケ民の捜査によりナオンと酒を飲みに行っている動画などが発掘され提訴待ったなしの状況である

危険指数:B

 

f:id:lannosuke:20191029231647j:plain

・ユキノ

 キツさ…………★★★★★

 賢者度…………★★★☆☆

 キワモノ度……★★★☆☆

妖怪女店員ブチ犯しお化け(迫真)

とりあえず酔い癖が悪い(絶望)

いつだったっかは筆者も忘れてしまったが飲み会の席での出来事

酒を飲んでいると酔いが回ってきたのかゴキゲンなユキノ

するとすぐ近くをそこそこ可愛い女性店員が通り過ぎた

奇麗な人だな、そう筆者は心の中で思ったその次の瞬間

「あの女店員ブチ犯してぇ~(唐突)」

何を言っているんだこの男は(困惑)

筆者は忘れもしない、トイレに並んでいたためにこの会話を聞いてしまった男性客のギャラドスのような顔を(走馬灯)

危険指数:B

 

 

 

 

 

Aランク帯

名ポケのカバマンダガルド(Bランク帯)を紹介したところで読者諸君は宇宙を見たことだろう

しかしこれらは序章にすぎない

これから紹介するのは名ポケのBIG5である(海馬コーポレーション並感)

デュエル・開始(絶望)

 

 

 

f:id:lannosuke:20191029234847j:plain

・あろきり

 キツさ…………★★★★★★★

 賢者度…………★★★★★★

 キワモノ度……★★★★☆

自分の事をJDだと思い込んでいる精神異常者(二人目)

ツイートもキツイ、RTもキツイ

やることなす事全てがキツイオタクである(迫真)

好きなゲームはポケモンGO

しかしあまりにガチ勢過ぎて自分の家周辺にいる気に入らないプレイヤーを追いかけ回して特定するなどもはややることがヤクザである

目をつけられたが最後、読者諸君も追い回されることになるだろう(絶望)

危険指数:A

 

f:id:lannosuke:20191029235800j:plain

タモリくらぶ

 キツさ…………★★★☆☆

 賢者度…………★★★★★★★

 キワモノ度……★★★★★★★★

とにかくこの男は恐ろしい(迫真)

ポケモンドクマリスマブラ、すべてのゲームにキレ散らかしてきた男

自宅だろうと他人の家だろうとその怒号は天をも穿つ

筆者は幾度となくこの男の絶叫により叩き起こされた(絶望)

好きなものはホラー淫夢(しかし怖いので一人では絶対に視ない)

何故か淫夢に関する知識が常人の114514倍あるのでこの男もまたイクイクの実の能力者である可能性が高い

危険指数:A

 

f:id:lannosuke:20191030000547j:plain

アクジキングさん

 キツさ…………★★★★★

 賢者度…………★★★★☆

 キワモノ度……★★★★★★★★★

くずきりである

名大工学部の電情らしい

名ポケに属するが会ったことのある人は少ないようだ

注意しておきたい点は、「決してくずきりさんと呼んではいけない」ことである(迫真)

くずきりと呼んだ者は漏れなくこの男から殺害予告を受けている(サイコパス)

某氏と同じくアクジキングが好き

危険指数:A

 

f:id:lannosuke:20191030001111j:plain

セリカ

 キツさ…………★★☆☆☆

 賢者度…………★★★★★★★★★

 キワモノ度……★★★★★★

自称スクールカースト上位勢(意味不明)

この男に関してはポケモンスマブラ、マリカ…等々知らないゲームが無いのではないかと思うほど知識が豊富であり、どこでそんな知識を仕入れてきているのか謎である(世紀の謎)

また、カピカピの実の能力者としてもよく知られている(迫真)

この男を家に泊めると枕として使われた座布団はヨダレまみれにされ、翌日オタクたちが帰った後に乾いたヨダレによりカピカピとなった無残な座布団が発見されるのである(虚無)

この男を家に泊める際は十分注意されたし

危険指数:A

 

f:id:lannosuke:20191030002012j:plain

・いこあん

 キツさ…………★★★★★

 賢者度…………★★★★★★★

 キワモノ度……★★★★★

歩くクソコラ製造機(絶望)

写真を撮られたが最後、この男の手によってその日のうちにクソコラが作られてしまう(脅威)

筆者もその被害者の一人であり、この男によっていくつもクソコラが作られてしまった(悲愴)

読者諸君もこの男と関わる際は写真を撮られないように気を付けられよ

危険指数:A

 

 

 

 

 

Sランク帯

ついにここまで来てしまったか(絶望)

まずはここまで読み進められた読者諸君の胆力を褒め称えよう

しかしここから先、待ち受けるのは名ポケの † 三幻神 † 

神の前に常識は無意味

諸君らが正気を保っていられることを祈っている(適当)

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030003536j:plain

・tkg

 キツさ…………★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 賢者度…………★★★★★

 キワモノ度……★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

卵子かけご飯にぶっかけして受精して生まれた(本人談)

テールナーフェローチェ…2足歩行のポケモンなら大体シコれるらしい(絶望)

これは㊙情報だが、先日おこなわれた中京の学際大会に出場した時の構築は全てシコったことのあるポケモンで組んだという

また、自ら進んで顔をフリ素として名ポケ内に提供している(意味不明)

ラインで送られてくるバケモノtkgの画像はもはやテロそのものである(迫真)

最近はVtuberにハマっているらしくイベントに遠征するなどオタ活も謳歌している

危険指数:S

 

f:id:lannosuke:20191030004823j:plain

・ありぽけ

 キツさ…………★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 賢者度…………★★★★★

 キワモノ度……★★★★★

「ありしゅママーーーーー!!!!!!!!!!オギャャアアアアッッッ!!シュルルルルルシュポンッ(子宮に還る音)ママの子宮に帰るでちゅーーー!! シュルルルシュポンッ!!!!(子宮に還る音) ザッッブーンッッッ!!!!ゴポポポポ(羊水に溺れる音)」

「ありしゅちゅぁぁぁあああぁぁぁあ〜〜〜〜んんん!!!!!!しゅきしゅきちゅきぃぃぃぃぃ〜〜〜〜♡♡♡  だいちゅき♡♡♡
ありしゅままんのキツキツ子宮に還りたい、何故還らないのか、いや還る…!!
ありすちゃんかわいい♡んん〜♡ちゅきちゅき♡だ〜いちゅき♡ずっと一緒だよ♡」

自称、橘ありすの子宮唐揚げ専門店店主(意味不明)

橘ありすの胎盤ステーキ

橘ありすのチツチツシチュー

橘ありすの卵管パスタ

橘ありすの包茎ちんぽ焼き

橘ありすの経血ドリンク

橘ありすの”プリン”

これらのメニューを提供しているらしい(困惑)

キッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッツ

危険指数:S

 

f:id:lannosuke:20191030010119j:plain

・ちゃう

 キツさ…………★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 賢者度…………★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 キワモノ度……★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

名古屋大学東山動物園キャンパスのサルである(迫真)

この男の伝説を語ろうものならこんなチンケなブログ記事掲載サイトでは収まりきらない

誰もが知るポケプロであり、誰もが知る賢者であり、誰もが知る危険人物

低命中技を使うとき後輩の肩に手を置く、外すとキレて後輩の肩を破壊する、当てても破壊する(意味不明)

急所にあたったり毒ったりすると叫ぶ、他人の家のベッドでアバれまわる、ゴロゴロする、あうあう言う(賢者)

虚無ると真顔でDSを閉じる、しかし5分後にはレートに潜っている(ガガイ)

ルナアーラで積極的に同速勝負を仕掛けていくヤクザでもある(当り前のように勝つ)

🐒<ンマアァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!死に得ゥ↑(路上に寝転がる)

…………危険度評価の由来はもはや不要であろう

危険指数:S

 

 

 

 

 

S+ランク帯

三幻神を超える者が存在する

唯一にして孤高の存在

彼の者の名は………………

 

 

 

f:id:lannosuke:20191030012900j:plain

・musasisingen

 キツさ…………☆☆☆☆☆

 賢者度…………★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★縺ゅj縺励e縺。繧?=縺√=縺ゅ≠縺ゅ=縺√=縺ゅ?懊?懊?懊?懊s繧薙s??シ?シ?シ?シ?シ√@繧?″縺励e縺阪■繧?″縺?<縺?<縺??懊?懊?懊?懌劭笙。笙。  縺?縺?■繧?″笙。笙。笙。
縺ゅj縺励e縺セ縺セ繧薙?繧ュ繝?く繝?ュ仙ョョ縺ォ驍?j縺溘>縲∽ス墓腐驍?i縺ェ縺??縺九?√>繧?d繧銀?ヲ??シ
縺ゅj縺吶■繧?s縺九o縺?>笙。繧薙s縲懌劭縺。繧?″縺。繧?″笙。縺?縲懊>縺。繧?″笙。縺壹▲縺ィ荳?邱偵□繧遺劭te……………………………………………………

 

musasisingen

 

またの名を

 

† T J †

 

彼はとにかくポケモンに対する意欲がすごい(語彙力)

その意欲は称賛に値するのだが純粋に戦闘狂と化している(迫真)

筆者は彼と対戦をすると必ず無限ループに陥っていた(戦闘狂であるが故に彼が満足するまで一生解放されない)

この戦闘狂具合はポケモンだけに留まらずシャドバにも及んでおり、某アクジキングさん(くずきりとも言う) はルームマッチを20戦連続で付き合わされ、解放されたのは活動終了時刻となってからであった

また、2年前の新歓イベントの際、なかなか思うように勝てなかったのか発狂した時の「ジャアカタセテヨオォォォオオ!!!!!!!!!!!!!!!!」という叫びは今でも語り草となっている(意味不明)

この「TJの洗礼」を受けて名ポケに入部した今の3年は別名「キセキの世代」と呼ばれている(脱糞)

危険指数:S+

 

 

 

 

 

 

 

さて、読者諸君

いかがだっただろうか

ここまで名ポケの危険人物たちについて散々に書いてきたが実際問題本当に悪い奴というか、本当の意味での危険人物はいない

この記事で紹介してきた危険人物も含め、名ポケの部員たちは皆良い奴である

関わっていて面白い、一緒にいて楽しい、困った時は頼りになる、そんな愛すべきオタク達

中には尖った変わり者もいるにはいるが

こんな愉快なオタク達に出会えたこと、筆者にとって一番の宝物である

名ポケのオタク達とまだ関わりを持っていない人々、また関わってはいるものの実際に会った事はない人々

これから会う機会がもし訪れるなら完全身内向けであるこの記事も一つの参考にしてはいかがだろうか

予備知識なしにうちに来ると必ずたまげる

 

 

 

 

 

それでは長くなってしまったが今回はこの辺りで筆を置かせて頂くとしよう

それでは皆さん、よいポケモンLifeをー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている筆者が一番の危険人物であるというクレームは一切受け付けておりません

マニンゲンだからこそ危険人物を取り扱えているのです